安い費用で簡単に美白できるハイドロキノン

ハイドロキノンで美肌になった女性の画像

ハイドロキノンは美白したい方にとって強い味方となる薬品です。美容外科などの高いレーザー治療でシミを取るよりも、自宅でハイドロキノンを使えば費用を安く済ませられシミや小じわを改善することができます。

レーザー治療よりも安く治療できるハイドロキノン

シミやそばかすなどが気になってきたら、美容皮膚科などでレーザー治療を受けることが一般的ですが、美容外科や皮膚科は健康保険が適用されませんので、通常の医療費よりも高額になってしまうというデメリットがあります。とはいえ、女性にとってお肌を綺麗にしたい、美しく保ちたいというのは、お値段の問題ではないかもしれませんが、シミをひとつ消す場合に、直径5mm以下のもので1回の治療が5,000円~10,000円程度、1平方センチの場合は、20,000円程度必要となるとなってくると、少し考えてしまいますよね。1回分だけの高額な治療費で、欲しいバッグや洋服を買うことができるのですから。少しでも、費用を抑えて確実にシミやそばかすを消したいという場合には、レーザー治療よりも「ハイドロキノン」がおすすめです。「ハイドロキノン」とは、メラニン色素をつくり出す酸化酵素であるチロシレーゼを抑制し、あらたなシミを抑えてくれるだけでなく、すでにあるシミやそばかす、肝斑、色素沈着などにも効果がある成分です。最近では、「ハイドロキノン」を配合している化粧水やクリーム、美容液などがたくさん発売されていますので、それらを用いて毎日継続して使用することで、お肌の内側からシミを追い出すことが可能です。レーザー治療1回分の費用で、およそ1か月間、あるいはそれ以上使用することができますし、お肌を傷めることなく、毎日のお手入れの中で継続的にシミ対策をすることができます。「ハイドロキノン」とは、イチゴやコーヒーなどにも存在する天然成分ですので、濃度に気を付けて使用をすれば副作用の心配もありません。安全性が高く、安いお値段で確実な効果を得られるということから、最近では、美意識の高い多くの女性から最も注目されている成分なのです。

ハイドロキノン使用時は紫外線に注意

非常に美白作用が高く注目されているハイドロキノンですが、使用の際にはいくつかの注意点があります。まずは、濃度に注意をしなければなりません。一般的な化粧品に含まれているハイドロキノンの濃度は2%までとなっていますが、なかには4%以上の濃度のクリームなどが販売されている場合があります。4%を超えると医師の指示のもとで使用しなければなりませんし、高濃度のものを長期間使用すると、お肌に対してリスクがあることも考えられますので、必ず低濃度のものを使用するようにします。次に、ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分で、濃度によっても進行度は異なりますが、必ず指示された期限や保管方法を守りながら使用することが大切です。また、ハイドロキノンは、非常に強い漂白作用や美白作用がありますので、これまで以上に紫外線に反応しやすいお肌になっています。ハイドロキノン使用時には、とくに紫外線対策を万全にする必要があります。お出かけの際には、必ず日焼け止めクリームを塗って、日傘、帽子も併用しながら、完璧に紫外線をシャットアウトするようにしましょう。また、お洗濯物を干したり、ゴミ捨てなどの際のうっかり日焼けにも注意が必要です。毎日、朝起きたらすぐに日焼け止めを塗って、2~3時間おきに塗りなおすなど、これまで以上に紫外線を意識して生活をするように心掛けましょう。また、ハイドロキノンはイチゴなどにも含まれている天然成分ですが、なかにはアレルギー反応が出る場合もあります。使用される前には、必ず絆創膏などにハイドロキノンを塗って、二の腕などの皮膚の薄い部分に貼り付けて1日放置をして、赤みや炎症などが出ないかパッチテストを行うようにしましょう。とくに、炎症などがなければ使用しても問題はありません。

ハイドロキノン使用後のパックは逆効果

ハイドロキノン使用後のパックは、逆効果になってしまいますので要注意です。成分も強いもんですので、使用後には肌に無駄な負担はかけないようにしましょう。シミ等の対策に効果を発揮するものであり、お肌への刺激もありますので、ケア後には得にお肌には無理な負担をかけないようにします。天然の成分であるハイドロキノンは、美白効果があるとして皮膚科でも処方をされてたものです。医療機関での取り扱いでしたが、保管には注意が必要であり、行っての期間で使い切る必要もあります。シミの相談を病院ですると、美白剤配合のクリームを処方してくれます。その成分というのが、トレチノインやレチノイン酸、ハイドロキノン等の成分を含んだクリームです。病院で処方をされる軟膏といいますのは、とても強い成分でシミ等の改善をしていくことができます。太陽の日焼けでできたシミ等に対しまして、毎日のお手入れで塗ることで、2ヶ月位持続をするとその部分は薄くなっていきます。こうして悩みのシミは、本来の肌の色へと戻っていくことができるのです。ただし病院で処方をしてくれる軟膏のクリームは、開封をしたら1ヶ月以内には月切る必要があります。とても保管が困難と言われますのは、酸化をしてしまうためです。そのため処方されるとしましても、ほんの少量での処方になりますが、こうした酸化などのこともあるので、それが適量となります。メラニン色素のシミであれば、ハイドロキノンを使うことで直のともにシミは薄くなっていきます。人間の皮膚細胞は生まれ変わりを繰り返していますので、2ヶ月から3ヶ月ほどで皮膚の細胞の入れ替わりとともに、シミも解消をされていくことになります。病院での説明通り、正しい使い方をしていけば、シミは薄くなっていくので、目に見えて結果が分かるのは、お手入れの励みにもなりやすいです。

●ハイドロキノンで美白を手に入れたら、気になるほくろを除去しましょう!!
ほくろ除去費用と治療法ガイドブック
●美白になるのも大事ですが、短いまつ毛を綺麗に伸ばしませんか?
ケアプロスト