ハイドロキノンで美肌になった女性の画像

ハイドロキノンは美白したい方にとって強い味方となる薬品です。美容外科などの高いレーザー治療でシミを取るよりも、自宅でハイドロキノンを使えば費用を安く済ませられシミや小じわを改善することができます。

アトピーの跡が残る時期にも有効なハイドロキノン

アトピー体質の人は症状がひどいと治ったあとも傷跡が残ってしまい、黒ずんだようになったり色素沈着で肌の色が周囲に比べて濃くなって、シミのように見えるので困ってしまいます。落とそうとしてタオルでこすったり刺激のあるボディソープで洗ったりすると逆効果で、肌がダメージを受けてますます色が黒ずんでしまうのでアトピーの腫れが治まった時期に美白効果のあるハイドロキノンを使って対処するときれいな元通りの肌色になることができます。

顔や腕などのシミ消しに効果があることで有名なハイドロキノンは、優れた美白効果があるとしてアメリカを中心に人気のある成分で、日本でも美容皮膚科やクリニック、エステなどでシミ対策に使われています。市販のクリームはクリニックほど濃度が濃くない1~5%程度のものが主流ですが、日本人の繊細な肌なら2%くらいの配合率でもじゅうぶんな効果があります。メラニンを作りだす元になる細胞メラノサイトの数を減少させ、紫外線を浴びたり外部からダメージを受けてもメラニン色素が形成されないようにして、沈着色素を分解して肌色を元に戻す効能を持っているのでビタミンCやプラセンタなど従来の美白成分よりも優れた効果が期待できます。塗ると肌が紫外線の刺激を受けやすくなるので、使う時期は夜寝る前などが有効で、肌の細胞が活発に活動する22時から2時の間くらいにしっかり浸透させれば効果的です。

シミ消しや美白の化粧品は顔用のものが多くて、値段もかなり高いので全身に使うのは大変ですが、ハイドロキノンは気になる部分だけ少量つければいいので経済的で、顔や手の甲、腕、脚など全身に使えます。アトピーの跡で悩んでいるならスキンケアに使ってみましょう。